引き寄せの精度はオーダーの仕方でこんなに変わる【一択でオーダーしよう】

Pocket

こんにちはなおです。

引き寄せのオーダーがどんぴしゃで叶う人もいれば、思ってもみなかったものが来た!という方もいます。

これはどうしてかな?と考えると、オーダーの仕方の違いでした。

その人が1択でオーダーしているのか、こんな感じの、とぼんやりオーダーしているのか、はたまた味わいたい感情をオーダーしているのか…。

どんぴしゃで叶う人は前者の1択でオーダーした人です。

必ず叶えたいものがこれ!ってある場合は、1択でオーダーしようねという記事です。

引き寄せの精度はオーダーの仕方で変わる

人によっていろんな引き寄せの仕方があり、それぞれ特徴があります。

例えばこんなオーダーの仕方だとこんなふうに叶うことが多いよというのをまとめました。

①1択でオーダー

わたしのオーダーは1択が多いです。

宇宙にこれ!と「それ以外の選択肢がない状態」で送れば、ちゃんとそのほしいものだけをくれるからです。

「あ、わかったよ、これね!」って。

どんぴしゃで叶えたいことは、宇宙にちゃんと伝わるように1択で言わないとだめなんです。

例えば、ハワイに行きたかったので、海外に行きます、とか南の島に行きます、ではなくハワイに行きます!とずっと言っていました。

もちろんハワイの航空券が格安で買えて叶いました。

もし仮に、わたしがハワイなんて…と遠慮して、海外に行きたいです、とか南の島に行きたいです、と言っていたら違う場所が叶ってしまっていたかもしれません。

②ぼやっとオーダー

なんでもいいからこれを叶えたい!という時にはぼやっと選択肢を広めにオーダーするといいです。

例えばどこでもいいけどアジアの国を旅行してみたい!という場合ならそのままアジアに行きたい!と頼めばいい。

叶うのがタイなのかシンガポールなのかフィリピンなのか、それ以外なのかはわかりませんが、アジアのどれかの国という形で叶うでしょう。

逆にこれをやってはいけないことは、本当にほしいものが1択で決まっているのに、遠慮して・ふさわしくないと思ってぼかすことです。

例えばほんとうはリッツカールトンのラウンジに行きたいのに、わたしにはまだふさわしくないかなあなんて思いで、ただラウンジに行きたいです!と言っていると、

ラウンジは叶ったけど全然別のところで、行った結果、ほんとうはリッツカールトンに行きたかったのに…という思いが残ります。

これけっこうありますよ。特にお金系の引き寄せは「自分が勝手にふさわしくないと思って、ほんとうはもっとほしいのに、ほしい金額を下げてオーダーしている」だろうなって方がめちゃくちゃ多い。

(結果、本心の願いでないので叶わないか、叶っても満足できない、不足の感情だけが残り、やっぱりわたしはこれくらいがふさわしいんだ…とセルフイメージが落ちるループ。)

具体的に叶えてくれる人がいる場合もこのもったいないパターン超多いです。昔の自分もやっていました。

相手がなんでもいいよ?と言ってくれている時に、ほんとうに行きたいお店の名前を1択でちゃんと言えますか?

相手に合わせようとしたり遠慮して、あのお店でいい、とか言ってませんか?(相手はあなたを喜ばせたがっているから、本心と違うことを言うのは相手もかわいそうなのに…)

③感情をオーダー

わたしはこのやり方はしないのですが、これで引き寄せている方もいます。

最後にほしい感情をオーダーして叶えるパターン。

途中過程はなんでもいいけど(想像つかないけど)最後にこうなってたいな!があるときに有効です。

例えば明日久しぶりに会う友達と、別れる時にめっちゃ楽しかったー!!って2人とも思ってますように!とかです。

そうすると、なにをして遊ぶかはわからないけど、最後は楽しかったー!で終われるように宇宙がプロセスを動かしてくれます。

感情のオーダーは良くも悪くも予想外が多いので、サプライズ的な要素が欲しい時に使うといいでしょう。

その友達と遊ぶ例で言うなら、叶い方として、ふつうに遊ぶのかなと思っていたら途中で土砂降りの雨が降り、2人ともびっしょりになって笑い転げて、大変だったけど楽しかったー!という叶い方かもしれないのです。(笑)

もうちょっとこうしたい!があったら、もっと具体的に「出来事プラス感情」のセットで頼みましょう。

例えば、2人で素敵なお店を見つけて(出来事)、それがとてもおいしくて、別れる時まですっごく楽しかった!(感情)というシナリオがいい!とか。

基本的に1択でオーダー中心でおっけー

引き寄せ方はほんとうに人によるので、きっとこれ以外にもいろんな頼み方があります。

ただ、1番ほしいものがどんぴしゃで叶うのは、当たり前ですが①の1択でオーダーする人です。

これは宇宙に投げる時も、叶えてくれる人がもういてその人に頼む時もおなじです。

今度バースデーの彼女さんの頼み方が、このお店にディナーしに行きたいの!だったら、彼氏さんはそれを叶えようと予約しますよね。

それが、どこかにディナーしに行きたいな!だったら、彼氏さんは自分のセンスで良さそうなところを探して予約しますよね。

〇〇くんと楽しく過ごしたいな!だったら、彼氏さんは楽しく過ごせるデートプランをなにか考えますよね。

こんなふうにオーダーの仕方一つで選択肢が1択〜幅広く予想もつかない叶い方、とこんなに差があるんです。

どれをしてほしいかは状況によって違いますよね。

こんな感じで考えて、ほしいものがちゃんと決まっている時は、宇宙にも、具体的な相手にも、1択で投げましょう。

じゃあまた。

なお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です