あなたが行くべき時は、ものすごいスピードで外堀が埋まる【宇宙からの全力サポート】

Pocket

こんにちはなおです。

やろうか迷っていたことを、なぜか周りの後押しですんなりする方向に決まってしまった…!後からびっくり…!ということってありませんか?

人生で大きな転機にある時、ものすごいスピードで条件が全部揃い、なんかもう行くしかなくなってしまった!ということが起こります。

これ、宇宙から絶大にサポートされているケースです。

あなたが行くことに大きな意味があるから、なんとしても行かせたい!と外堀を全部埋めてくれるんです。

迷わせないために、後戻りできない状況に追い込まれることもよくあります。(今までの仕事をなくすなど)

どっちにせよ意味は同じで、ゴーサイン!

必ず行くべき時は、「外堀から埋まることがある」の記事です。

あなたが行くべき時は、ものすごいスピードで外堀が埋まる

宇宙の愛ってすごいもので、タイミングまですべてが完璧に進むんですね。

事例:動いてないのに引っ越しができる情報が揃った

全力サポートって例えばこんなケースです。

福岡で学びたいことがないことに気づき、東京にも行けるけど東京ではない神奈川の鎌倉あたりに引っ越したくて数ヶ月ほど経ちました。

転機はここからでした。素敵なブランチ会に行き、みんなで未来の理想プランを発表しあうものがありました。

そこで、前の方がおなじエリアに引っ越したがっている&デュアルライフしたいことまで一緒、

隣のペアの方が海外と英語好き、第二外国語もやりたいで一緒、わんちゃんを連れて海沿いをお散歩している像が思い浮かぶよ!と激励してくれる。

まず見てみるだけならなんにもならないから、とスーモで物件を見てみて、その気になり、親に引っ越したいと言ってみたら親も賛成。

とはいえ神奈川あたりの土地勘がないのでどのエリアがいいのかさっぱりわからない。

ツイッターで聞いてみたところ、フォロワーさんがすごく親切にDMをくれ、やり取りの中でエリアまで絞れました。

また髪を切りたくて美容室に行き、久しぶりに再会した美容師さんが前にいたサロンはサーフィンに詳しい人がいる。

エリアのことをまた教えてもらえ、俄然引っ越しできそうな気がしてくる。

引っ越したいと友人に言ったら、友人は仕事がそういう感じなので物件案内やるわ、と言ってくれるw

この案内は実現しなかったのですが、これを機に物件を絞るところまで急ピッチで進め、明後日もう内見ですw

まだ歩いてさえいないし(内見の時に自分でも歩くけど)、不動産めぐりもしていないのに、ほしい情報が全部そこにあって、引っ越しが目前ですw

迷わせないため、外堀を埋める・橋を焼き切ってくれる

人って重大な決断ほど先に延ばすし迷います。

やろうと思えばできなくないけど勇気と気力がすごくいるし、手間もすごいからです。

でもなにより、失敗したらどうしよう、知らないことをするの不安だって思うからです。

わたしも引っ越しで家賃がやや上がるのも、まったく住んだことのないエリアに住むのも不安でした。

でも、福岡の家と波動がまったくあっていないことは1年もたたないうちから感じていて、好きになれず、どんどん自分から離れるように東京にばかりいました。

宙ぶらりんな状況だと人は迷うのをよーくわかっていて、ほんとうに行くべき状況の時、宇宙が外堀を全部埋めてくれることがあります。

後戻りする橋を焼き切ってくれることも多いです。

例えば仕事やお金、恋人をなくすのが典型例で、その時の人が味わう不安ははんぱないのですが、あとから振り返ると後戻りできなかったおかげで今のライフワークをやるしかなくなり、それでうまくいったというケースが非常に多いのです。

わたしも近いことが最近もありました。

請け負っていた仕事が全部終わり、それはそれで楽しかったものの、わたしはほんとうはやはり、自分発で仕事がしたいのだ、人の下で期限や日にちを決められて働くのは一切向いていないという本心の願いが叶っていました。

これのおかげで、引っ越しでついでに全部リセットしよう!と思えたのと、本が1冊書けたのと、ほんとうはわんちゃんと触れ合って暮らしたい、そういう仕事がしたいという思いがどんどん強くなり、今は犬の情報ばかりキャッチします。

(ちなみにこれも、友人がラインで犬と人が楽しそうにしているスタンプを送ってくれたことで、宙ぶらりんにしていた犬の仕事への応募を今だよ!と言われていると感じ、応募できました。

あとから見たら、そのスタンプで犬がいっしょに使われているのは友人が送ってくれた2つだけでした。)

(ちなみのちなみに、ブランチ会でした予祝、鎌倉エリアに引っ越してデュアルライフ、HSPHSSの本が売れまくって世界から感謝のメールが届きまくる、わんちゃんといる、あたりが速くも引っ越しの流れの中で全部実現しつつあるのに驚きです。)

こんなふうに、外堀を埋める、橋を焼き切る。

宇宙の常套手段です。

そのときのドキドキや不安はすごいし、いいことすぎても刺激なので心が大変になりますが、この道であっている!という実感はあるものです。

このふたつのどちらかがあったら、なにがなんでもゴーなのね!と解釈して進んでください。

サポートされている流れだからあてもないまま沿って大丈夫ですよ!

むしろなにも抱えて行かないほうがいい!余白に今までなかったいいものくるから!

進んだ先に、想像できないご褒美がたくさん待っているので、頭でこれがやばいからこういうことしなきゃかな、などと限定せずお任せして待っていてください。

じゃあまた。

なお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です